踊る大子供を心配すること

一旦採り入れるのが好きな赤ん坊なので、体躯に良さそうなものをあげたり、ごはんも野菜中心の内容を心がけていらっしゃる。

野菜も正誤が少なくなるように離乳食期からピーマンなどの渋い商品もジャンジャンあげてました。

納豆も同じくそれほど食べさせてました。

おかげでピーマンはトースターで焼いて醤油をたらしただけでもパクパクすすんで採り入れるようになりました。

ふりかけも市販のものは使わず、塩が入ってないだしツアーとしているのですが、そのだしを取った後のガラとして砂糖というみりんといった醤油で味付けしてふりかけを作っていらっしゃる。

うまいみたいでパクパク食べてくれますし、オモシロものが入ってないので次々かけても引け目がないです。

おやつも煮干やスルメ、果実を吊り上げるようにしてます。

スルメは満杯噛むので顎をよく使うのでかみ合わせが良くなりますし、煮干はカルシウムが取れてすこぶる健康的だ。

夕食の時間も遅くなると良くないので17時代机に摂るようにしています。

早めに食べるとその後に満杯楽しめるのでそれも理由だ。

夏場なんて夕食食べてから外部で遊んだりしています。

外食するときはサラダをきっちり頼んでラーメンも野菜が盛って残るラーメンなどにしています。

あとはタラタラ食べさせません。

何だかんだ食べると食べ過ぎますし、ごはんもおいしくなくなります。

ごはん中に遊びだしたらごはんをご馳走様させて片付けてしまう。

こうすると一生懸命食べないといったお腹いっぱい食べれないというようで集中して食べてくれるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です